MOVING MONEY(ムービングマネー)

MOVING MONEY(ムービングマネー)に詐欺?安全性を徹底検証!

MOVING MONEY(ムービングマネー)に詐欺?安全性を徹底検証!

ネットビジネスには様々な種類のビジネスモデルがあります。

一口にネットビジネスといっても幅があることをまず理解する必要があります。

ここ数年の副業ブームによりたくさんのネットビジネスが登場した影響で優良なビジネスもあれば悪質なビジネスも登場しています。

中には最初から人を騙すことを目的とした詐欺紛いのビジネスもあるでしょう。

正しい知識を持って副業を選ばなければ、どんなビジネスでも「怪しい」「詐欺ではないか?」と感じてしまいます。

今回は当サイトで紹介しているMOVING MONEY(ムービングマネー)が詐欺ビジネスなのか検証したいと思います。

MOVING MONEY(ムービングマネー)を知らないという方は下記の概要記事からご覧ください。
MOVING MONEY(ムービングマネー)は稼げる副業?最新ビジネスを徹底検証!

詐欺まがいの副業に見られる特徴とは?

ネットビジネスの詐欺疑惑を検証する前に、詐欺だと言われる副業の特徴をご紹介します。

危険な副業には3つの特徴があると言われています。

①特定商取引法に基づく表記が掲載されていない、または曖昧
②プライバシーポリシーが掲載されていない、または曖昧
③誇大広告が掲載されている

この3つが詐欺疑惑の出る副業に共通する特徴と言われており、この特徴のどれか1つにでも該当すれば、詐欺の危険性が高いと言われています。

なぜ当てはまると危険なのかご説明します。

特定商取引法に基づく表記が掲載されていない、または曖昧

特定商取引法に基づく表記が無いとなぜ危険かというと「ノウハウを提供しているのがどこか分からない」のと「連絡が取れない」からです。

提供元が分からなければ騙されたと思っても問い合わせることができません。

プライバシーポリシーが掲載されていない、または曖昧

プライバシーポリシーが掲載されていないと危険な理由は、個人情報がどのように扱われるか分からないからです。

危険な業者の場合は、集めた個人情報を販売して横流しする実例もあります。

突然、架空請求や迷惑メールが増加したとすれば、こういった形で個人情報が流出している可能性があります。

誇大広告が掲載されている

誇大広告が掲載されていると危険な理由は、実際に副業とした始めた際に掲載されている通りの成果が得られない可能性が高いからです。

また内容通りの成果が得られなかったとしても、特定商取引法に基づく表記に「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」と記載されていれば、特定商取引法に基づく表記が優先されるので訴えることができないのも要注意です。

MOVING MONEY(ムービングマネー)の特定商取引法に基づく表記を検証!

ここからは特定商取引法に基づく表記が危険な副業の特徴に当てはまっていないか検証していきたいと思います。

最初は特定商取引法に基づく表記からみていきましょう。

【MOVING MONEY(ムービングマネー)の特定商取引法に基づく表記】

販売会社
株式会社フレアム
運営責任者
大村翔
所在地
東京都千代田区神田佐久間町1-8-4
電話番号
03-6332-7583
メールアドレス
movie@moving-m.com
お問合せ受付時間
10時~19時(土日祝日休業)

MOVING MONEY(ムービングマネー)には特定商取引法に基づく表記がきちんと用意されていました。

内容に関しても会社名から責任者、連絡先と必要な内容が揃っており、怪しい点は見つかりませんでした。

特定商取引法に基づく表記に関しては、まったく問題ないと言えそうです。

MOVING MONEY(ムービングマネー)のプライバシーポリシーを検証!

次にMOVING MONEY(ムービングマネー)のプライバシーポリシーを見ていきたいと思います。

ここで重要なのは第三者に個人情報を販売したり譲渡しないと、しっかりと記載されているかどうかということです。

個人情報の第三者への開示
弊社では、次に掲げる場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供することはございません。
人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合、お客様または弊社の権利の確保のために必要であると弊社が判断した場合においては開示をすることがありますので、あらかじめご了承下さい。上記以外(法的な場合を除く)につきましては、弊社は、お客様の事前承認なくお客様の個人情報を第三者に開示・提供することはありません。

プライバシーポリシーを確認したところ、しっかりと「弊社では、次に掲げる場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供することはございません」と記載されていました。

MOVING MONEY(ムービングマネー)が個人情報保護もしっかりしている副業だということが分かります。

MOVING MONEY(ムービングマネー)に誇大広告はある?

誇大広告というのは「うそ」や「大げさ」な表現で消費者に誤認を与える広告のことを指します。

つまり事実とかけ離れた虚偽の内容が掲載されている、またはそう受け取れる内容が掲載されていた場合、これに当てはまります。

例をあげれば「誰でも簡単に稼げる」、「月収1000万円」、「再現性100%」といった表記です。

詐欺まがいの副業に見られる特徴として誇大広告の問題点について触れましたが、この表記の厄介なところは

どれだけ過剰内容が掲載されていたとしても、特定商取引法に基づく表記に記載されている内容が優先されるので

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」という内容が含まれていると罪に問えない可能性があるということです。

MOVING MONEY(ムービングマネー)の内容を調査したところ、このような表記は見当たらないようでした。

安心して始められる内容になっていると感じました。

MOVING MONEY(ムービングマネー)の前に提供していたノウハウは?

気になる副業ノウハウが安全かどうかを判断する別の方法として、運営会社の名前や責任者の名前を検索して、過去にどのような副業ノウハウを提供していたか調べるという方法もあります。

過去に提供していた副業ノウハウの評判が悪ければ、今回の副業ノウハウもあまり期待できるものとは言えないでしょう。

また情報商材屋と呼ばれる詐欺まがいの副業ノウハウを何度も販売している販売者は、その名前が関わっているだけで詐欺の可能性が高いとまで言われます。

MOVING MONEY(ムービングマネー)の株式会社フレアムと運営責任者の大村翔さんは過去に危険な副業ノウハウに関わっていたのでしょうか?

実際に調査した結果ですが、株式会社フレアムも大村翔さんも今回のMOVING MONEY(ムービングマネー)が初めて手掛ける副業ノウハウのようでした。

特に怪しい副業ノウハウを提供していた過去もなく、信頼できる内容だと感じました。

※こちらの副業は募集を終了しています。

当サイトでは様々な副業ノウハウを検証・調査しています。

その中でも現在最も優良な副業がコチラです!

副業をお探し中の方の是非一度ご検討ください!

今注目のオススメ副業はコチラ!